税理士の報酬は税理士によって異なりますが、会社の売上や作業量によっても異なります。
でも税理士に依頼する時にできれば報酬の安い税理士を選びたいと思ってしまいませんか?
でもあまりにも安すぎるのもちょっと怖い感じがしましが、激安税理士の報酬っていくらぐらいなのかなぁ?
売上高が1,000万円以下の法人の場合でいうと、月額2~3万円が顧問料の相場になりますが、激安税理士の場合には月額1万円又はそれ以下という場合もあります。
これはかなり安いですよね。
こんなに安くて大丈夫なのか心配になってしまいますが、どうして報酬が安いのかという色々な理由があります。
以前は税理士報酬に決まりがありましたが、報酬が自由化された事によって価格競争が生じ、特別価格でサービスを行っているところもあります。
また会計ソフトを導入する会社が増えたため、税理士に仕事を依頼する会社が減ったため、報酬を安くしている場合もあります。
激安税理士の場合には依頼できるサービス内容が限られているので、オプション料金がその都度発生することもあります。
そのため、激安弁護士の方が高かったという事もあるので、よく考えてから依頼するといいでしょう。