月のホームページ

地球唯一の衛星である月は、太陽系の衛星の中で5番めに大きいんです。
地球から見ると太陽の次に明るく見え、大きさは地球の4分の1ほどです。
地球から38万キロ離れていて、重力は地球の6分の1です。
大気がないので昼間の気温は110度、夜がマイナス170度とかなりの差があります。
月が誕生したのはまだ解明されていませんが、月のホームページを見てみると、4つの説があるようです。
1つ目は、地球の一部が分離して生まれた。
2つ目は、違う場所から飛んできて地球の重力が引き付けた。
3つ目は、太陽系ができたときに地球と一緒に生まれた。
4つ目は、地球に火星ぐらいの星が衝突して、地球のかけらが飛び散ったものが集まってできた。
一番有力なのは4つ目らしいですが、月にも地球にも衝突のあとがないのでこれもわかりませんよね。
月の満ち欠けですが満月のときは、月、地球、太陽の順に並んでいるとき、太陽の光が地球を越えて月に反射されて満月に見えるのです。
なぜ地球の影に入らないかというと、月の軌道がわずかに傾いているからです。
新月のときは、太陽、月、地球の順に並んでいるときです。
そして、月も地球と同じ27.32日で自転しているため、地球からは同じ面しか見えません。